MENU

芭蕉布(ばしょうふ)について

芭蕉布は糸芭蕉の繊維から作られた織物で、沖縄・奄美諸島でのみ生産される特産品です。

沖縄には当地の文化を反映した独特の織物が幾つかありますが、芭蕉布はその中でも最も歴史の古いものであり、種々の文献から少なく見積もった範囲でも100年以上の歴史を有しています。

 

風通しが良い・軽量という特徴があり、沖縄では嘗て着物としての利用が多く為されて来ました。
また現在では伝統工芸品としての側面も持つ為、質感と風合いを活かした生活用品も制作されています。

 

染料等も含めて全ての原材料が天然由来である事や、繊維の抽出から織物としての完成まで全ての工程が手工業で行われる事も特徴です。

 

ですがそれ故に、制作に膨大な時間が掛かるものでもあります。
また太平洋戦争時に事実上制作が中断した事に加え、沖縄の米国占領下時代において衛生の向上目的から糸芭蕉の大規模な伐採があった事等から、原料の確保が現在でも潤沢とは言えない状況にあります。

 

これらの事情から沖縄・奄美諸島の中においても、伝承されている地域が限られています。
そこから来る希少性に加え、伝統を重んじる製法である事から国の重要無形文化財に指定されています。
生産地域においては作業工程を公開して見学を受け付けているところもあり、現地の観光スポットの1つとなっています。

 

芭蕉布には検疫における問題は無いので、本土からの観光客がこれを購入して土産等に利用する事も可能です。
購入は沖縄独特の織物を種々扱う現地の店舗や土産物店、古布を扱う店舗等で可能です。

芭蕉布(ばしょうふ) まとめ

芭蕉布の着物買取して貰うなら買取プレミアムがおすすめです。

 

その理由としては、芭蕉布の着物を適正な価格よりちょっと上乗せした金額で買い取ってくれるからです。

 

この理由として、買取プレミアムではターゲットを絞った形で展開しています。
ターゲットを絞ることで、世間にはそれほど需要がない商品であっても、その商品が欲しいというお客さんに対して一定量をいつでも揃えて置くことで店の信用度がうんと違ってきます。

 

このため、現在はより派手な着物を好みがちな風潮であるため、奥ゆかしいデザインの芭蕉布は押されがちですが、よりしっかりした値段で買取してくれます。

 

売る方としても自信をもって商品の素晴らしさを伝えることができ、また、着物の素晴らしさを再確認することにつながります。
買取プレミアムはお客さんとの横のつながりを重要視しているため、買取が済んだお客さんであっても、定期的に連絡が来ます。

 

このようにして、つながりを保つことで、店との信頼関係を築くことができます。
お客側からではなく店側からアプローチしてくれるので、ハードルが下がった状態で安心して買取に望めます。

 

不安を取り除くことで、商品の素晴らしさを店員に伝えやすくなり、なぜこの商品が高いのかを自信をもって進めることができるので、店員も自信をもって次のお客さんにその商品の素晴らしさを進めることができます。
お客さんと店側のウィンウィンの関係を築くことができるのも大きいでしょう。

 

芭蕉布(ばしょうふ)

 

芭蕉布(ばしょうふ)

地域買取情報

地方 都道府県名
北海道 札幌
東北 仙台
関東 宇都宮 群馬 埼玉 千葉 神奈川 川崎 東京 八王子 町田
北陸・甲信越 新潟 福井
東海 岐阜 愛知 名古屋
関西 京都 大阪 伊丹 兵庫 奈良 和歌山
中国 岡山 広島
九州・沖縄 福岡 熊本