MENU

越後上布(えちごじょうふ)について

越後上布(えちごじょうふ)とは新潟県小千谷市・十日町市・塩沢町を中心に生産されている平織の麻織物であり、それを使用しておられた着物の事を指しています。

 

越後上布は重要無形文化財の認定を受けており、2009年にはユネスコの無形文化遺産保護条約「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」にも登録されているほど非常に日本文化によって重要な織物であると世界的に認識されていると言う特徴を持っています。

 

織り方としては指で紡いだカラムシの糸を使用することが条件となっているほか、 絣模様を付ける場合は手くびりによるものであること・いざり機で織ること・しぼとりをする場合は湯もみや足ぶみによること・さらしは雪さらしによることなど重要無形文化財としての越後上布には色々な条件が課せられています。

 

逆に言えばこれ以外の製法で織られた越後上布は重要無形文化財の指定を受けないということになってしまうため、非常に価値が下がってしまうと言う事になるわけです。

 

このため越後上布で織られた着物の価値は条件を満たして織られているのかどうかと言うところがポイントとなっており、重要無形文化財としての条件をクリアしている場合は特に着物を専門として取り扱っている業者であれば非常に高額査定を期待することができると言われています。

 

ちなみに雪さらしについては非常に有名な風景として知られており、3月の快晴の際に行われている雪の上に布が晒される光景は新潟の名物として人気があります。

越後上布(えちごじょうふ)まとめ

越後上布の着物を買取して貰うなら買取プレミアムがおすすめです。
理由としては買取プレミアムが全国展開していることがあげられます。
通常のお店だと、全国展開している店と比べて、提供範囲が狭いため、それに見合ったお客さんを呼ぶしかありません。
このため、需要が少なくなりがちで、越後上布の着物を欲しいという人が、少ないか下手したらその地域に一人もいない可能性すらあります。
この需要というのが買取時にはネックになります。
せっかくいいものであっても、需要がないため、どうしても安く業者に買いたたかれます。
商品の素晴らしさを店員に伝える前にすでに買取金額の上限が定まってしまっているため、高く買取しない傾向にあります。
買取プレミアムは全国にお客さんをもっていますので、越後上布の熱烈なファンのお客さんも対象になります。
そのようなお客さんはお金に糸目をつけない傾向にありますので、通常の査定金額よりも高く買い取ってくれます。
また、買取プレミアムは店員の質がいいことも高く買取してくれる要素の1つに挙げれらます。
普通の店だとトップの人しか知らない深い知識を各店員が知っているので、いざ買取となった時でも、安心して商品の素晴らしさを店員に話すことができます。
また、総合的に判断してくれるだけの実力がありますので、こちらが説明し忘れたとしても査定にしっかり入っています。
手放すときは不安で仕方ない状態が、いざ査定が始まると安心感しか感じられないためおすすめです。

 

越後上布(えちごじょうふ)

 

越後上布(えちごじょうふ)

地域買取情報

地方 都道府県名
北海道 札幌
東北 仙台
関東 宇都宮 群馬 埼玉 千葉 神奈川 川崎 東京 八王子 町田
北陸・甲信越 新潟 福井
東海 岐阜 愛知 名古屋
関西 京都 大阪 伊丹 兵庫 奈良 和歌山
中国 岡山 広島
九州・沖縄 福岡 熊本