MENU

浴衣の古着はどこで買えるの?売れるの?

女性、男性関わらず浴衣は夏のお祭りの時に着用しますがそれ以外の季節にはあまり着用する機会はありません。

 

振袖や着物ほどは高価ではありませんが、やはり一般的なものはトータルでそろえると2,3万円ぐらいするので立派な出費になります。

 

最近はインターネット通販やイオンモールなどで5000円程度で販売されているものもありますが、やはり生地が薄いことが多いです。
その為、1シーズンしか着られないということが大半のようです。

 

しかし、2,3万円ぐらいする浴衣であれば縫製も生地も洗っても傷みにくいのでよく着られます。
こういったいわゆるブランド浴衣は、リサイクルショップやインターネットオークションなどで古着が販売されていることがあります。
販売されている季節にもよりますが5000円程度で購入出来ることが多く、数回しか着用されていないものであるため難なく着用可能です。

 

また、中古の浴衣を販売する場合ですが人気ブランドであるツモリチサトやSEIKOMATSUDAなどのものであれば問題なく販売可能です。

 

しかし、インターネットの通販やイオンモール、ファストファッションのものであれば定価の5分の1~10分の1、つまり500~1000円ぐらいにしかならないことが多いです。

 

また、状態もすぐに悪くなりがちなので綺麗に保管しておくことも難しいです。

 

こういった点も含めて、着用時のデザインやシルエットなども考えるとブランド浴衣を着用して、いらなくなったら売ってしまうのが一番コストパフォーマンスも含めていいでしょう。

 

小物などもリーズナブルに販売されているので、同じ浴衣を何年も小物やヘアスタイル、メイクを変えて着こなすのも素敵ですね。

 

男性用の浴衣も、女性用に比べるとかなり数は少ないですがリサイクルショップなどで取り扱いはあります。
男性用は女性用に比べて根がはることが多いですし、かなり着る機会は少ないと思うので古着で済ませるのもおすすめです。

地域買取情報

地方 都道府県名
北海道 札幌
東北 仙台
関東 宇都宮 群馬 埼玉 千葉 神奈川 川崎 東京 八王子 町田
北陸・甲信越 新潟 福井
東海 岐阜 愛知 名古屋
関西 京都 大阪 伊丹 兵庫 奈良 和歌山
中国 岡山 広島
九州・沖縄 福岡 熊本